2016-08-24

朝カップ、再入荷してます

おはようございます。

夏野菜は彩り豊か
このトーンを見てるだけで
元気になります。


気泡のグラスは
クリスタル感が増して
食材がなんとも涼し気で美しい。


エアプランツにも
すごく似合ってお気に入りです。



朝カップ、
赤、ブルー、水色、気泡 などなど
新色新たに数点ですが再入荷しました。

貴重な数、
お早めにご来店くださいね。


………………

古代を感じるガラス
『 横山秀樹展 』

あと4日 8/27(土)まで

………………



スタッフ 和田

2016-08-23

再入荷ですよー!




夏の嵐が過ぎ去って
遠くにはうっすら鰯雲もまじる空。


夏も、そろそろおしまいの気配


今年は梅雨明けが遅かったせいか
いつも以上にあっという間で

短い夏が
切なさを感じる間もなく
終わってしまいそう…












完売しておりましたキノシタサオリさんの
ウエストリブのボトムス
再入荷しています。



台形スカートは、
レモンみたいな綺麗なイエロー↑と
シックなパープルの2色。












パンツは、モスグリーンとブラック。






このウエストリブ、柔らかくて伸縮性が高く
本当に履き心地がよいのです。


食べ過ぎても全然苦しくならない
楽ちんパンツ。

食欲の秋には、危険パンツ?
になってしまうかもしれません 笑









どうぞお試しにいらして下さいね。






スタッフ  西川







..

1KO さんやkanak∴kanaさん、田中友紀さん の
アクセサリもほんの少しありますよ






....................


あると嬉しい日常着
 『 キノシタサオリ展 』
2016.8.15(月)  - 8.27(土)
10:00 - 19:00


北千住店にて

横山秀樹展、あと5日となりました。


8月はじめから始まった『横山秀樹展』も
残すところあと5日。


毎年8月は、
1ヶ月の展示期間 としています。


暑い季節、
せめて店内は涼やかに、
涼をとっていただきたい・・・

という気持ちもあり、
ガラスの作品を展示することが
定番となりつつもあります。


でも、

ただ ガラスだから
1ヶ月もの期間展示するのではないのです。


私たちがみなさまに、
本当に観ていただきたい作品。
この作品は絶対に使ってほしい。


そんな想いを込めた、
約1ヶ月の展示。


本物のうつわ たちを選び、
ご覧いただいています。



唯一無二のガラス作家。

この人以外、
存在しないガラス作家。

見ないと後悔します。ぜったい。
作品を前に震えます。


本物の佇まい、
生命を感じるガラス。



あと5日。


私たちが満を持しておすすめするガラス。



ぜひご高覧ください。
お待ちしております。






















....................................

古代を感じるガラス
『 横山秀樹展 』

8/27(土)まで

10:00-19:00
会期中無休

....................................


2016-08-22

朝も、昼も、夜も。

頂き物のゼリーと
いただきものの巨峰で
ある日のおやつ。

( 頂き物三昧!笑 )


そして、
ある日の朝食。
みぞレモンのさっぱり茄子に
常備食いろいろ。


こうして、
なんだかんだ
食卓に頻繁に登場します。
グレー鉢。


挑戦的なこのカタチ。

鉢、いや器の概念を真っ向から
混乱させるかのような佇まい。

でも、鉢 なんです。
器 なんです。
正真正銘。


こんな器、見たことない!


でもね、
その瞬間を心の底から愉しませてくれる
そんな スペシャルな器。


上から、
横から、
時にはひっくり返して。

ガラスだからこその技であり
楽しみ方 ですよね。

この子、ほんとに楽しいのですよ。


難しいことは何もいらない。
この器自身が賢い子 ですから。

簡単な盛り付けさえ、
洒落た装いにしてくれる優等生。


ぜひおすすめしたい器です。


台風直撃のため、
関東は大荒れの天気。

すごい暴風雨。

お仕事のみなさま、
お出かけのみなさま、
どうかくれぐれもお気をつけて
お過ごしくださいね。

無事に台風一過となるよう
願うばかりです。




スタッフ 和田

2016-08-21

ポテサラの定番器


お夕飯のポテサラ完成!


我が家のポテトサラダは
いつもこの器に入ります。


家族のみんなも慣れたもの。
サーバーで好きな分だけ
それぞれのお皿へ。

出番まで、
このまま冷蔵庫に入れて
ガラス器ごと冷やして待機。


あとは今から唐揚げあげま〜す。



スタッフ 和田

2016-08-20

かぶせプレート と きゅうりサンド


今日のお昼ごはんに持ってきた
きゅうりサンドを
かぶせプレートに。


1本分のきゅうりと
少々の葉ものと少しのチーズ。

具はほとんどきゅうり という
かっぱも喜ぶきゅうりサンド。


こんな地味なサンドも、
乙な食事に仕上がる
スペシャルな平皿。



先日もお話したように、
平皿はガラスワークの中でも
巧みな技術が必要とされます。

重力に逆らって
おもたいガラスの生地を
平たく仕上げることの難しさ。

鉢よりも、グラスよりも
その難易度ははるかに高い。


垂れる、反れる。

一瞬の見極めが要されます。
作業のなかでも緊張の瞬間。

この一瞬に、
横山さんはどれほどの神経を使われるでしょう...


その困難な工程を、
2度は行って


「 1日に1枚、作れたらいいほうよ 」


と横山さん。


1日にゼロのときもある・・・の?

時間と気遣いを費やしながら窯に火を入れ、
それで1日ゼロ・・・?
そんな、、、

完成するものより、
ボツになるのほうが断然多いのだと。

あたりまえのように
今こうして存在するけれど、
それは決して当たり前なんかではないのです、よ。


横山さんのガラス作家としての情熱が
ひと手間が、使い手への想いが
叶えてくれています。


ただ美しいだけでなく、
機能美にも長けている平皿。


単色なサンドイッチも
こんなに素敵に。


朝食のスクランブルエッグ、
デザートの桃のコンポート、

お夕食には夏野菜のかき揚げや
サーモンのウィンナーチシュニッツェル。


あぁーーいろいろ盛り付けてみたい!
どんなお料理も、きっと素敵に演出してくれる。
想像がどんどん広がってゆきます。

器好きを満足させてくれる、
ごはん好きを楽しませてくれる、
高価だけれど、
その分だけ価値ある器です。




スタッフ 和田



2016-08-19

ちいさな天球、男の浪漫

毎日眺めては
うっとりする
ちいさな天球。


横山さんの代表作でもある
香水瓶。

掌サイズの
ちいさなちいさな小瓶。

でもね、
よ〜くご覧になってください。


華奢な首もとには
さらに細いガラス生地を巻き巻き。

そして黄色のガラスに
赤い生地をかぶせて、
見事な琥珀色に。


横山さんの赤は、
2回は灼熱のるつぼに入れないと
出せない赤色。

工程がどの色ガラスよりも多く
手間暇をかけて出される色。
とても貴重で、希少なんです。

その貴重な赤ガラスを
惜しみなく使う。



なんども言いますが、
ハードなガラスワーク。
ちいさな作品ほどそのハードさは増していきます。


その上でのこの創造性、
そしてこの遊び心。


男の浪漫 を感じます、

こんな仕事をするガラス作家は
この日本で
横山さんしか居ない。


どこまでも
いつまでも
現在進行形のガラス作家。


惚れます。


我が家にひとつ
ちいさな浪漫。
いかがですか?




スタッフ 和田