2015-12-29

年始営業のお知らせ

【全店 12/30〜1/16 まで休店】


本日を持ちまして、
2015年度の営業を終了させていただきました。

今年一年を振り返ると、
本当に多くの素敵な作品、
お客様の笑顔に触れることができ
スタッフ一同とても気持ち良く
最終日を迎えることができました。

昨年萬器オープン20周年を迎え、
今年は21年目。

20年目の続きではなく、
また、新たなはじまり。と
強く胸に歩んだ一年でありました。

いつも温かなお心と
好奇心高く来店くださるお客様。

イメージ通り、
いやそれ以上に高腕の
素晴らしい器たちを見せてくださる作家の方々。

その両方のお力に支えられ、
萬器はこの新しい一年を
豊かな、濃い時間過ごすことができました。

心より、深く、感謝しております。


本年も
本当にお世話になりました。

また来年、
22年目の萬器も
どうぞ宜しくお願い申し上げます!


2016年は
1月17日(日) よりスタートとなります。

重ねてどうぞよろしくお願いいたします。


たくさんのお客様の笑顔に
出逢えますように*


皆様どうぞよいお年をお迎えくださいね。


萬器

2015-12-25

12月のお花

クリスマス。
ジングルベルの鈴の音に似つかわしくないようなぽかぽか陽気
冬はどこかへ行ってしまったような…
そんな一日。

今日は、12月のフラワーアレンジメントの日でした。





花材は…

 シベリア
 スプレーストック
 ホワイトカルテット
 スイートピー
 ステラ
 てまり草
 根引松
 利休草
 ゲイラックス


春を感じる花材も入って
ひと足早く、ほんの少しお正月気分…
( 大掃除も、年始の支度も、お年賀も、
まだぜーんぜん片付いていないことは、さておいて…笑)


テーブルを囲む皆さんの笑顔と
まっしろで清涼なお花たちを見ていたら
気忙しくざわついていた心が、ほんの少し安らいで…

やさしく きれいな ひかりに包まれていたひととき
ほっと、心休まる時間でした。




ありがとうございました。
どうぞよいお年を… 

と、交わす言葉は年の瀬のそれになりつつ…


2015年も、残りあとわずか、ですね。




スタッフ  西川



2015-12-22

和菓子教室

もうすぐクリスマス!
ケーキもいいけど、和菓子でクリスマスなんて粋でしょ!

先日の和菓子教室はクリスマスツリーに見立てたお菓子を作りました。

その名も「聖夜」。

まっくろくろすけ君(あんこ玉)が、もじゃもじゃ君(抹茶きんとん)に…

包まれまーす

包まれたー

カラフルな練りきりで飾りつけ

雪も降らせます
金も降らせます

ころころ、ころころ
かわいい…

こんな感じに出来上がりました!かわいい!!


あんこに山芋が加えられているので、きめが細かく、しっとりと優しい味わいです。
先生のお菓子はいつも美味しい。みんなで頑張って作る工程も見ているからなおさらです。


ひと足お先に優しいクリスマスを過ごすことができました。

皆さんも素敵なクリスマスを送ってくださいね。


Merry Christmas!!


スタッフ 岡田

2015-12-21

あと一週間

冷え込みが厳しくなってきましたね。
寒くって朝布団から出られないもんだから、日に日に支度の時間が短くなっています…笑



さて、柏店、北千住店ともに今年の展示も残すところ一週間を切りました。
皆さま見納めはできたでしょうか?

北千住店で開催中の『赤木明登展』
沢山のお客さまに来て頂きありがとうございます。

たくさんのうつわを作って下さった赤木さん。
まだまだ魅力的な作品をたくさん見て頂けますよ。


奥羽椀シリーズは丸みを帯びた形が特徴的。
東北地方で昔から作られていた形です。
何だか懐かしくて、手に包み込むとぽってりと安心します。


こちらは能登シリーズ。能登地方に伝わる形です。
シンプルですっきりとしたフォルム。今の食卓にもすっと馴染みます。


こちらは、去年のDMにもなった能登鉢。
一度完売して、再入荷致しました。

高台がないので、シチューにサラダ、煮物にお豆腐…
洋食も和食も合う万能なうつわです。

形も愛らしくて、食卓がぽっと温かくなります。






毎日使って欲しい漆のうつわ。
毎日使うからこそ愛着が湧きます。

壊れたから買うのではなく、壊れたら直す。
なんでもすぐに手に入る時代だけど、忘れちゃいけないこと。

モノを大切にすること。

赤木さんはそれを伝えたいのだと思います。

赤木さんのうつわはずっとずっと直し続けてくれます。
安心して使ってくださいね。


スタッフ 岡田


2015-12-20

心地よいうつわ


木地を挽いて、漆を3回施す。
仁城さんの仕事は潔いほどにシンプル。
丈夫な器にするためのことを、必要最小限。


分業が基本の漆器の世界で、
木地から塗りまでの作業を、ひとりで一貫して行う。

素材の声を聴いて、その生命、とただ誠実に向き合いながら。


仁城さんのうつわから聴こえてくるのは、慈しまれた木のよろこびの声。

触れたときになんだかほっとして、
何でも受け止めてくれそうな大らかさがあって。
(お茶漬けや、時にはきっとカップ麺でさえも…)

てらいなく、作為なく、
自然で心地のよいうつわ。




「木の木目があって、漆が塗られていて、素材に助けられている自分がいる。
自分は何もしていない…」

「心地よいもの、目ざわりでないものを作り続けてきた。」

「美しいとか、美しくないとか、そんな大それたことではなくて…」


仁城さんのうつわに触れながら
聞かせて頂いた言葉と、しわしわの笑顔を思い出す。


祖母に使ってほしいな… と
顔が思い浮かんだ入れ子椀。


いつか私が、人生の終焉を意識するときが来たら、
仁城さんの入れ子椀、ただこれひとつで
365日の、まいにちのごはんを食べたいなと思う。



「美しい」とかではない
と仁城さんは瓢々と言ったけれど…


大地に立ち、鳥や虫たちの住みかになり、
人々の目を休め、時に木陰になるような大木のように
仁城さんの生きる姿勢、そのものが映されているうつわ



やっぱり、「美しい」 です。



スタッフ 西川

2015-12-18

安齋新・厚子さんの青磁と…


無機質なようで、決してそうではない
安齋新・厚子さんの青磁

削ぎ落としたあとに、生まれたかたちは
凛としてとても静か
静謐だけれど、あたたかみも内包していて
そのバランスが美しい。


盛り付けられた時
ふわりと表情を変えるうつわ
お料理がなんとも美味しそうに映える。

単体で見たときには見えない景色が
ふとそこに、あらわれてきます。







たんぽぽが咲いて



蝶が舞う



おふたりのお人柄が
そのままかたちになったような染付





横を覗くと、仕上げにさされた薄紅色が
ふっと顔を出す。


はじめて見つけた時のよろこびを思い出したくて
何度も裏返してみたり…



たくさんの方に 触れて頂きたい うつわです。



スタッフ 西川


2015-12-17

クオリティの高いお洋服

VANILLAさんのお洋服には
目を惹きつけられるとこがあります。

デザイン、生地の質感はもとより、


縫製の美しさ。


ほんとに素晴らしいのです。
ほんとに人の手から生まれたこと?
VANILLAさんて手仕事のお洋服だよね?
と、何度もスタッフ同士確認したぐらい。

並々ならぬ手仕事ぶり。
几帳面な縫い目。
ゴットバンドと言っても過言じゃないぐらい。

際立つギャザーの美しさ。
浮き立つ丸襟の曲線。

1mmのズレもなく、
妥協のない縫製。

仕立ての良さ、
風合いにも繋がってくるのです。

uryyaさんのシルクのカットソー。

通気性がよく、
シルクならではのほどよい光沢感と
さらさら、すべすべとした質感は、
多くの人を魅了します。

実は、
シルクは人の皮膚の組成と似ています。

コットンやウールと異なり、
摩擦を生じさせず
からだへの負担が少ない。

この特徴に興味を持ち、
「シルクをカジュアルな普段着に」
と、提案されているのがこのカットソーなのです。


デザインや着心地だけを重視するのではなく、
素材が身体にどう関わっていくか。
素材そのものへも視線を置き製作されているuryyaさん。

uryyaさんの服作りを深く知るたびに、
uryya服の良さにますます引き込まれます。


秀外恵中。


良いものを知り、見極められる。
そして自分らしくこだわりのある生活を送る、
そんな大人の女性にこそ、
本物の肌着や衣を身につけてもらいたい。

心から想います。


シルクのカットソー、
タートルとクルーネックの2タイプあります。

タートルネックは
ネック部分がずり下がることなく、
1日中快適に過ごせる優れもの!

クルーネックは
写真のタートルよりも
身幅がゆっとり軽やかです。



スタッフ 和田

2015-12-16

100年前の木


ぴかぴかの漆のうつわ。

この汁椀はもちろん現代のもの。
現代の赤木明登さんが塗ったぬりもの。

そして、赤木さんが塗った漆の下には木地があります。

その木地の材料が100年前の木だなんて信じられますか?


この汁椀の木地を作っている木地師さんは輪島で最高齢77歳の方だそうです。
そしてその木地師さんのおじいさまの代、明治時代の木をいまだ材料に使っているそうです。


明治時代、つまり100年以上前の木です。


100年前の景色の中にいて100年前の風を受けている木に、赤木さんがまた命を吹き込んで、この今の世界に蘇る。とってもロマンチックで夢があるなぁ。


そんな素敵な話。
歴史の深い漆の世界だからこその話。

もっともっと漆の世界を知りたくなりました。


北千住店
『漆・赤木明登展』
2015年12月5日(土)~27日(土)
10:00~19:00 会期中無休


スタッフ 岡田





優しい染付

安斎新・厚子さんの染付け。

淡色の上絵が
ふんわりと柔らかく描かれています。

器の上に浮かび上がる蝶々。
今にもこちらに飛んできそうな
不思議な感覚を感じさせてくれます。

とても品の良い一枚。


飴釉、青磁、白磁…
色んな表現で人気の安斎さんだけど、
格段に存在感のちがいを醸し出しています。


( 我が萬器のオーナーを
1番に惚れ込ませたのは
何よりこの染付けなんです。)


安斎さんにしか表現できない
安斎さんだからこその
優しく柔らかい染付け。


まるで絵本のページを眺めるかのような器。


たくさんの作品の中で、
紅一点のこちら。

ぜひお店で、
見つけてご覧になってくださいね。

スタッフ 和田

2015-12-14

日本ならではの所作の美。

仁城さんに模倣った使い方。

所作の美しさ。
極まりないです。

日本ならではの『美』が
ここには詰まっています。


仁城義勝/角鉢

切溜やお重の役割を。


仁城義勝/入れ子

広げると
それぞれが椀になり、鉢になり。


Facebookに動画をアップしました
こちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/362273487297257/videos/454057011452237/
https://www.facebook.com/362273487297257/videos/454057231452215/
https://www.facebook.com/362273487297257/videos/454057371452201/
https://www.facebook.com/362273487297257/videos/454057521452186/

woolリネンのコート+カシミアのアームウォーマー

『VANILLAの洋服展』
今日で3日目を迎えます。

初日2日と、
終日在店してくださったVANILLAさん。
本当にお疲れ様でした!

2日間お2人と過ごし、
たくさんお話しし、
VANILLAの洋服たちのクオリティの高さを
改めて強く納得した日々。

デザイン、生地選びはほぼ奥様、
縫製担当はご主人。

それぞれの得意分野で
二人三脚で作られる洋服たちは
本当に素晴らしいの言葉に尽きます。

生地選び先行で、
そのあとデザインを考えられるそう。

生地を調達した帰りの電車のなかで、

こんな形にしよう!
この生地でこれ作ったら絶対可愛い!

生地を自分にあてて
想像されてるそう。
家路に着くまで待ちきれず…

ほんとに服作りがお好きなんだな〜〜 と、
熱いものを感じずにはいられませんでした。
考えるのも、作るのもすごく楽しい!って。


お2人の愛が、
こだわりの大きさが溢れ出てるお洋服たち。

きっと、
身に纏う皆様にとっても
愛着の湧く1着になることと思います。



在店の際VANILLAさんが着ていらっしゃった
このwoolリネンのコート。

昨日は何着も舞うように
お嫁に行きました〜〜大人気!

コートとして、
ときにはカーディガン代わりに、
厚手のコートの下に着合わせても。





生地選びから縫製まで、
ときには生地づくりから
ひとつひとつ手づくりで。


からだを冷やさない
締めつけない
優しく敏感な肌でも安心して着られる


医学的な視点からも要素を取り入れ、
カタチにされているuryyaさん。


カシミア100%のアームウォーマー
こちらも大人気のアイテム。

よ〜〜く見てくださいネ。
台形を反対にしたようなシルエット。
均等な□ではないんです。


ナゼでしょう?


そう、
幅の狭い方が手もと側。
緩やかな広がりをつけたカタチは、
肘までを優しく包み
そして手もとにもぴったり添う。

正しく言えば 添い続ける。

これ、とっても大事。
手首のあたりがヨレヨレになってしまうと
居心地も悪いし
めくれ上がってきて大変。

暖をとるためのアイテムなのに
それでは意味を果たさなくなってしまいます。

だからこその、
このシルエット。

ちゃんと、すごく、考えられています。

カシミア100。
言わずと知れた暖かさと柔らかさ。

そして繋ぎ目のない仕立て。
肌のあたりを細やかまでに配慮されています。


どこかで目にしたフレーズ。
"首" とつく部分は暖めるべし! と。



一つは持ち備えたい冬のアイテム。
せっかくならば
こだわり抜かれた上質のものを。


完売してしまったカラーもあります。
ご興味をお持ちのかたは
ぜひお早めに!!


今日も皆様のお越しを
お待ちしております。


スタッフ 和田

2015-12-13

仁城義勝さん、安齋新さん、初日在店下さいました


柏店にて 『 仁城義勝、安齋新・厚子展 』
昨日よりスタートいたしております。

初日の昨日は、仁城さん、安齋さんともに
一日在店して下さり
漆のこと、焼きもののことをひとつひとつ丁寧に、
お客さま、そして私たちスタッフにも
お話下さいました。

おふたりから聞かせて頂いた話の内容が濃く、深く…
まだ言葉に出来ないままに。
自分のなかに落ちるまで
少し時間がかかってしまいそうです。

今はただ、お会いできてとてもしあわせでした。
と、手を合わせて拝みたいような…そんな気持ちでいます。





師走…
誰もが 心もからだも
あちらこちらへ 忙しない。

仁城さんの漆器と、安齋さんの焼きものたちが
おつかれさま、と労いの言葉を掛けてくれるように
温もりを宿して待っています。

温泉につかるような気分で
心もからだもすっきりしたら
清々しい気持ちで、新年を迎えるための設えを整えに

萬器柏店、年内最後
一年の締めくくりにふさわしい展示です。



どうぞお運び下さいませ。



スタッフ 西川